江崎淳から(ブログ)

2017年4月23日 11時02分55秒 (Sun)

1紙から10作品が

昨年、松田さんの新らしい作品が一つの地方紙から一挙に10本も出てきました。岡山で発行された「山陽新報」(1937年「中国民報」と合同して「合同新聞」に。のち「山陽新聞」に復帰)1935〜1939年に掲載されていたもので、随想5、童話2、短編小説2、評論1編。ただしこのうち2編は1940年発行の『女の話題』に収録されていて掲載紙不詳の作品が判明したもの。新収録作品、掲載紙判明とありがたい出来事だった。これは鹿児島国際大学短期大学部の青木信雄氏の博士論文に「山陽新報」掲載の文学作品年譜があったからで、こういう地道な調査に感謝することしきりです。詳細は、民主文学会秋田支部『海風』29号ごご覧ください。連作先:〒010-1341 秋田市雄和新波 工藤方(電話018-823-7477)。

2017年4月23日 10時58分04秒 (Sun)

松田解子の作品を味わうつどい5月例会

5月の例会は、代表作「おりん口伝」について、若手作家の岩崎明日香さんが準備されています。多数ご参加ください。「催し」欄参照を。

2016年12月3日 17時22分34秒 (Sat)

2017年の作品を味わうつどい

11月の、松田さんの住居跡を訪ねる文学散歩には28人もの方が参加。元江東区議の鈴木康吉さんの案内で、錦糸町駅から、松田さんに関係の深い賛育会病院、精工舎のあったオリナスタワー、亀戸神社を経て、関東大震災時に虐殺された南葛会の労働者の慰霊碑のある浄心寺、河合義虎や渡辺政之輔の住居跡などを見学。渡辺宅と亀戸警察がすぐ近くだったことに驚きました。1930年から1年余り住んだ同潤会アパートや近くの東大セツルメントの児童会館跡を経て、亀戸西公園近くの二か所の住居跡を見ることができました。
さて明年は1月早々からまた『自選集」収録作品に戻ります。1、3月の予定を「催し案内」欄でご確認ください。

2016年11月3日 11時45分22秒 (Thu)

文学散歩 日時間違い

先に文学散歩の日時を11月8日に訂正しましたが、正しくは11月9日です、たびたびの訂正で恐縮です。
11月9日 午前10時錦糸町駅北口集合です。

2016年10月24日 2時56分14秒 (Mon)

文学散歩、案内まちがい

前回お知らせした、松田解子住居跡を訊ねる文学散歩は、日時、集合場所が間違っていました。正しくは11月8日(水)午前10時、錦糸町駅北口集合でした。催し欄も訂正しました。


江崎淳から(ブログ)

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

最近のコメント

アクセス数
ページビュー数
広告代理パートナー 外為ジャパンの口コミ